postheadericon施工業者などを選ぶ

献花する女性

墓石をどうするか
墓石は親をはじめとした先祖からの墓があるか、新たに作るかで判断が変わります。
先祖からの墓があっても新しく墓を造る場合は、作る場所を決めてから墓石と施工業者を選ぶ事になります。
この場合は先祖からの墓石とのバランスを考えた状態で形や石材を決めます。
寺の敷地内にある墓の場合は寺につきあいのある業者に依頼をしたり、近くに業者があればそこに依頼をする事が出来ます。
新しく墓を造る場合は敷地と墓石を両方入手すう必要がありますので両方の手続きに対応出来る業者を探す必要があります。
近くに業者が見つからない場合は、斎場で依頼した業者に関連の業者を紹介してもらう事も出来ます。

postheadericon斎場の敷地

桶を持つ男性

敷地内で葬儀と火葬
斎場とは火葬を執り行う場所の総称になります。
葬儀は、斎場の敷地内の施設で執り行うケースもあれば、葬儀業者が提供している施設内で執り行い斎場に移動するケースもあります。
ご遺体の移動の距離が少ない場合を考慮するケースは斎場の敷地内の施設を利用します。
この場合は斎場の敷地内を利用する契約をしている業者に式をはじめとした一連の手続きを依頼する事になります。
遺族をはじめとした参列者は斎場に最初から移動する事になります。
この場合は自力で移動するか業者に車を手配してもらうかを遺族が判断して連絡をします。

斎場から自宅まで
火葬の前の手続きは最近は簡素化されているケースが多いです。
斎場の敷地内で執り行う場合はほとんど夕方からの時間に行われる通夜を省き、当日に行われる告別式のみを執り行った後にお別れの時間を若干設けて火葬を行う事になります。
その後に参列者で骨壷に遺骨を移動させ、斎場の業者の手によって納骨の日まで遺族とともにいられるように外装などの形を整えます。
遺骨とともに納骨の日まで自宅にいるケースがほとんどですが、自宅に仏壇が無い場合遺骨と遺影と位牌が同じ場所にいられるようにまとまったスペースを準備しましょう。

postheadericon納骨について

祈る男女

葬儀後の納骨は
大切な方や親しい間柄が亡くなってしまったときに、葬儀後すぐに火葬をおこないます。
これは遺体の腐敗を防ぐ働きなど衛生的な面など様々な理由がありますが、焼いてお骨となったご遺体をすぐにお墓に収めるわけではありません。
その理由として、一般的に四十九日までは自宅にお骨を置いておき、その後法要とともに墓地に納骨することが大切だからです。
ただ、遠方に墓地がある場合には火葬を行ってから1年後をめどとして納骨をおこないます。

納骨の定義とは
昨今では葬儀の形態が簡略化しているため、家族だけでひっそりとしたお葬式をおこなったり、全ての法要を簡略化して火葬式といわれている火葬だけを済ませるなどのパターンも少なくありません。
とはいえども、墓地に納骨することは葬儀終了後となりますので、それまでに事前に墓地や墓石を購入しておくことは大切です。
地域によっては生前から決めている人が多い地域も存在しています。
散骨や樹木葬など多様性のある埋葬となりますが、日本ではまだまだ埋葬は墓地に納骨することが一般的です。

埋葬の時には
墓地に収める前にはお坊さんを呼んでお経を読んでもらい、納骨をすることになります。
もちろん許可を得た土地に収めることとなりますので、事前に確認をしておき、納得できる法要を済ませておくことで、なくなられた方の尊厳も守られ、その後子孫が守っていくことにつながります。
納骨の際には墓地の永代供養許可証と自治体で発行している埋葬許可証を必ず持参しておくことで、墓地に埋葬できるので、書類関係は必ず忘れないようにしておくべきです。

カレンダー

August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

オススメリンク